■ペットとヒーリング

・:*・゜’:*☆..:*:・゜・:*:・゜’☆:*.

===========

「ペットとユニバース」

===========

ペットにも

ユニバースエネルギーは良く効きますね。

むしろ、動物は、人間より素直なので、

飼い主さんもヒーリングしやすいのではないかと思います。

飼い主さんは、ペットのことに熱心なので、

ヒーリングで

医者以上のことができる場合があります。

ー事例としてはー、

・ペットの口臭がしなくなった。

・・・ヒーリングをしていたら老犬の息が、臭くなくなった。

・ペットの目やにが出なくなった。

・・・ヒーリングをしていたら、猫の目が生き生きときれいになった。

・ペットの認知症が良くなった。

・・・トイレの場所が分からなくなり失禁していたのが直った。

・ペットが若返った。

・・・猫が年とって、窓際に上がれなくなっていたのに、また上がれるようになっていた。

・ペットの癌がなくなった。

・・・口の中に腫瘍ができて癌だと言われたのですが、きれいになおりました。

などなど・・・受講生も成果を上げています(^o^)、ですね。

・:*・゜’:*☆..:*:・゜・:*:・゜’☆:*..:*・:*・゜’:*☆..

受講者が行ったヒーリング

===========

飼い主さんがユニバースエネルギーでおこなった

ヒーリング事例

===========

ネコの

ミオちゃん(猫・♂・12歳・腎不全?)

飼い主さんからの報告です。

「食欲がなくなり、2日後にうずくまり、低体温(34度)になっていたため緊急入院。

「光の柱自動立て器」を病院のゲージにお守り代わりにくくりつけました。

そして、毎日お見舞いの時に5分位ヒーリングをしました。

原因不明でしたが、感染症のようでした。

感染症の原因になるものを「隕石・剣」で断ち切り、あとは家でも遠隔ヒーリングです。

「ユニバースヒーリング」、「ユニバースノーマルセル」など、思いつくままに送りました。

体温は、毎日1度ずつ上昇。

膵炎の疑いが晴れた後は、腎不全だろうと言われましたが、今まで腎不全になった猫たちとは違い、貧血もありませんでした。

点滴だけの10日間でしたので、そろそろ食べないと内臓が危ないと言われ、連れ帰りました。

翌日からユニバースエネルギーを封入した、病院のサポート食を食べ始め、3日で元の食事に戻りました。

エネルギーのおかげで、動物病院の先生も驚くほどの回復ぶりでした。」

・・・いやー、素晴らしいですね。

人間と同じなのですね。

飼い主さんの愛を感じますね。(^o^)

・:*・゜’:*☆..:*:・゜・:*:・゜’☆:*..:*・:*・゜’:*☆..

コメント欄

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

 ■ ユニバースエネルギーの発展向上繁栄コンテンツ

ヒーリングを受けたい方