■ステイ・イン・シンガポール (生活編)



一番抵抗無く行ける外国はシンガポールではないかと思います。シンガポールは便利で安全で近代的でとても暮らしやすいところです。実際長く住んでいる日本人も多く、駐在員の奥さんは「日本と同じ生活ができます」とおっしゃっていました。
長く住んでいる向こうの日本人からは、むしろ「日本は大変ですね」とか「子供を育てるのに大変そうですね」と心配されてしまいます。日本人学校や日本語OKの病院もあります。オーチャードロードは銀座や東京のようで、華やかなデパートやオフィスが並んでいてとても近代的で立派です。私達はセミナー会場に近いので、いつもごみごみしたチャイナタウンに滞在しています。ここもちょっとした観光地で、表通りには欧米人の観光客がいっぱいです。教育水準も高く、英語と中国語で授業を受けられるということで、中国の富裕層には自分の子供をシンガポールの学校で学ばせたいという人が増えているそうです。

シンガポールの中の日本食
セミナー会場の近くクラッキーにあるショッピングセンターに入ってみたところ、日系のスーパー(明治屋)が入っていました。売っているものが日本と見間違うばかりです。
お寿司やお刺身が新鮮で美味しそうです。しかも種類も豊富。味噌や納豆や豆腐や豆乳、薩摩揚げ、富山おかきまで、・・全部あります。もちろんシンガポール人もそれを買い物しています。
隣にあるIZAKAYA(居酒屋)に入ったら、ここも全部日本語で、テレビも雑誌も日本のものでどこにいるのか分からない空間でした。私達はうどんやそばの定食を食べました。味も値段も日本と全く同じでした。オーチャードロードには伊勢丹などの日系のデパートもあるので、本当に日本と同じ生活もできるんだな、と思いました。(外国は苦手と思っている方もご安心を)

コメント欄

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

 ■ ユニバースエネルギーの発展向上繁栄コンテンツ

ヒーリングを受けたい方